地球上でのお金や財産について考えてみる

食う為に生きているという言葉をよく聞きます。確かに食えなかったら生きていけません
人間に近い動物をみてみましょう
猿み熊もイルカも現金も財産もありません
生まれたままの裸のままで生活しています、自然界の食べ物で生きています。

しかし人間社会でも金がないと生きていけないと言います
金がないと食料品も買えない、車も乗れない、服も買えない、だから金が必要だ
でも自給自足というやり方はできないかと検証してみる
日本中または世界中の中に自給自足の生活をしている人は沢山おられると思います。

お金がなくても生きていける方法を考えましょう

なるべくお金を使わなくても生きていける方法を考えましょう

地球にオギャーと生まれ、肉体を持って生まれました、しかし死ぬ時、肉体はなくなります。
肉体どころがお金も財産も持ってあの世に行けません

つまりお金も財産も地球上に生きている間のことなんです。

理想的なのは死ぬ時はお金も財産もゼロの状態がいいでしょうね
遺産相続でもめることもありません

そう考えると生きているときのお金とか財産は最小で生きれるのが理想だと思います。
コンパクトな生活スタイル、私はこれからの人生、これを目指したいと思います。

不要なものは捨てる、在庫にある商品はサービス価格で販売して現金化する。

仕事は必要最低のお金を稼ぐのみでいい。

売れないもので人にあげると喜ばれるものはすすんで差し上げる
そして少しでも自分の持ち物を減らす工夫をする。

もちろん物を増やさない、固定資産を増やさない、地球資源をなるべく使わない努力(石油、ガソリンなど)
地球、宇宙を汚さない努力、

不要な移動はしない(お金や資源やエネルギーを消費しないように)、夜は早く寝て電気の消費量を減らす

こんな努力をしていく

山岸厚夫