禅の世界について

私の知る限りでは禅の世界は究極的な生活スタイルである

私達が生活する家はなるべく宇宙空間を占有しないほうがいい

禅の世界では最小限の大きさである畳一畳なのだ

人間1人が寝れるギリギリのサイズが自分のスペースとして与えられる

食事も応量器という無駄のない器で肉を食べない精進料理である

朝は粥で消化がいい食事だ

朝は口をすすぐのも顔を洗うのも一杯の桶の水のみだ

食器も洗わないで、茶ですすいで拭いて包む

全く無駄がない

衣服も最小限のものだ

朝は3時に起きて掃除

夜は9時には寝る

昼は作業と座禅だが、座禅は宇宙との一体感を体感する時間だ

自然感覚に近い生活スタイルだ

山岸厚夫