見える世界と見えない世界

私達は見えると安心し、見えないと不安になること多いです。

この世の中は相反する事象が存在して成り立っています

男と女

火と水

海と陸

太陽と月

昼と夜

昼の明るい時に活動し、夜 暗くなると寝る状況です

つまり私達は目に見える世界を中心に活動すればいいのです

目に見えない世界のことは、もしかしたらもう1人の自分がいて活動しているのかも知れません

気がついていないから存在がないと思ってはならないと思います

心臓が動いていることも、常に呼吸していることも意識なく行われています

ですから、見えない世界は、もう1人の自分に任せましょう

私達は見える世界で生きています

見える世界が主体であります

見えない世界を無理に見ようとする行為は不自然であります

余計なトラブルを発生させる可能性は高いです

見えない世界のことが書かれている書物も多いし、映画なども多いと思いますが

娯楽的に見る程度の方がいいと思います。

見える世界を注意深く観察することで、見えない世界の事例がわかると思います。