結婚生活がうまく行くには?

これが結婚に限らず、家族内のことでも、仕事関係、友達関係でも同じことが言えるのですが

考え方が大きく二つあります。

一つは自分のために周りを動かし、常に自分が得するように行動する

もう一つは相手のことを考え、相手がよくなるように、相手が喜ぶように行動する

結論から言います。

自分のために周りを利用するより、相手のために自分を生かすという考え方の方がうまく行きます。

これは大きく言えば宇宙の法則であり、そのようになっているからです。

今だに自分はどのように考え行動すべきか迷っている方は多いかもしれません。

ですが、私は相手中心のものの考え方がうまく行くと言いたいです。

男と女、好きになる、自分の思うように相手を動かしたいと思うかもしれません。

しかし、そう思えば思うほど相手は逆の方向に行きます。

相手の立場に考え、どうしてあげればいいかと考え行動すると

意外と相手は私のことを考え行動してくれることが多いようです。

もし、自分が相手のことを思って行動しても相手は自分のことを思って行動してくれなくても

いいじゃないですか、

愛するとは、常に相手のことを思い、相手が喜ぶことをすることです。

自分が本気で幸せになりたかったら、自分と縁に接する方々が幸せになることを本気で考えることです。

宇宙の仕組みはそうなっています。

もちろん地球上でも、その法則です。

今日は何をしようと考えたとします

自分が何がしたいかより相手が何をして欲しいかを考えましょう

わからなかったら聞きましょう

こんなこと書くと、道徳上そうだろうとか、そんなこと理屈でわかっているよという声が聞こえそうです。

違うんです。道徳とか体裁とか理屈じやないんです。

キリストの聖書、お釈迦さんのお経や教え、すべて理論的です。

宇宙の法則を説いています。

道徳なんてもんじゃないのです。

科学的な理論でそうなるのです。

簡単な事例で説明しましょう

風呂の中で、洗面器を逆さにして、湯の中に沈めます。

両手でグッと持ち上げます。

すると洗面器が水面の上に出てきて、洗面器の上の湯が回りにこぼれます。

しかし、逆に洗面器を逆さにして水面の上から水中にグッと沈めます。

周りの湯が洗面器の上に集まってきます。

自分が回りより上の立場になろうとすると水は周りに散ってしまいます。

自分が上になろうとせずに深く、地味に行動すると水は回りから集まってきます。

自分が思うより、世の中、反対の方に動くのです。

地球上のすべての動物、植物、空気、水、土、同じ宇宙の分子で出来ています。

細かく分析するとみんな同じもので出来ているわけで、一体と考えてもいいのです。

地球が1人の人間と考えると、分子と分子がいがみ合っても、同じ身体内の話です。

分子同士が和合しないと身体がおかしくなります。

分子と分子が私と相手と考えたら、相手と和合するためには、相手のことを考え行動しなくては

全体がうまく行きません

ボールを上に投げると,基に戻ってきます。

すべての事象は回転していて、自分が相手にした行動が

今度は自分にされるという宇宙の法則があります。

ですから、自分が幸せになりたかったら回りの幸せを真剣に考え行動することと言える訳です。