自分の宿命について

多くの方が運命、占いを見てもらいます

自分が生まれた時、持って生まれた宿命を知りたいようです

確かに生まれた時、みんな同じ条件で生まれている訳ではありません

私だったら、山岸家に生まれていますから、山岸家の先祖の宿命を背負っています

また時間と空間 

つまり生まれた時間と場所は重要です

雨の日に傘を差して、クルクルと回すと水滴が傘の周りに飛び散ります

傘が地球です

傘のどの部分の水滴か、それが生まれた場所です

傘をクルクル回して、水滴が飛んだ時、それが生まれた時間です

そうです、生まれた時間と場所によって、水滴が飛び方が異なるのと同じく

人間の運命も異なります

そして重要なのは名前です

この名前は水滴の形と考えればいいでしょうか

ロケットだったら、そのロケットの形です

形によって飛び方も異なるでしょう

つまり、生まれた時間と場所と名前で大体の宿命は決まってきます

それでは人生は宿命どおりに進むのでしょうか

いいえ

基本路線は宿命でしょうが、いろんな所に分かれ道があります

どちらの道を選び、進むのかを決定するのは自分です

すべて自分ありきです

自分の運命が悪いのを親や先祖のせいにしてはいけないと思います

自分の運命は自分て゜開くものです

運が悪い時、その時は交差点です、次の運命に変る時であり、チャンス到来の時期です

決して諦めないで下さい

もうダメということはありません

下った次は上がります

上がりっぱなしもありません

上がっている時は調子にのらないようにしましょう

人生、運命は電気の交流のようなラインであります

山岸厚夫