仮想世界に注意を

ゲームの世界や広義で見れば映画、ビデオ、テレビのドラマなども仮想世界といえるかもしれません

たとえば空手のゲームをしますとボタンをおせば相手をなぐります、そして相手を倒すゲームです。

一生懸命していると本当に自分が空手をして戦っているかの錯覚に陥ることがあります。

勝つとうれしいです。でも相手に殴られても痛くないのです。

人を殺すゲームも同じです。ゲームの中で人を殺してもまた殺されても問題はありません

ただ、リセットボタンをおせば、また生き返って、戦いをはじめることができます。

リセットはゲームの世界のみですが、現実にリセットはありません

殺したら生き返れません

でもゲーム感覚で人を殺してしまっているケースが多くなっているのではないでしょうか

ゲームの中で毎日人を殺していると、頭が人を殺すことに慣れてしまい、現実の世界でも

頭の中では簡単に人を殺す指令を出してしまい、気がついたら殺してしまっている。

仮想の世界と現実の世界を混同するほど頭が洗脳されないように、注意が必要です。