縄文時代はすごい

まだ私も勉強中ですが、わかる範囲で話したいと思います。

福井県では小浜に鳥浜貝塚があり、時々見に行きます。静岡でしたら登呂の遺跡があります。

このように全国各地に遺跡があるわけで資料も公開されているし、学校でも習った記憶があります。

学校の時のイメージでは原始人的で農業と狩りで生活していて、なんかみすぼらしい感じがあったのですが

現代になりますと理想的な生活スタイルではなかったのか驚嘆しているわけです。

まず住まいですが、今みたいに高層ビルではありません。平屋の大きさの建物、あるいは山に穴をほって

そこで生活、つまり地球上の景観に影響を与えない住まいなんです。

空間は人間のみが占有していい部分ではないのです。鳥も飛び、木も大きくなります。

人間が高層ビルを建てるということは宇宙にたいしてマイナスな行為になります。

食べ物を見てみましょう、木の実や魚介類を食べていますね

最近、五穀とか十穀とか雑穀といって木の実などごはんにまぜていませんか

健康のために必要となってきたのでしょう、でも縄文時代の人はその健康食を毎日食べていたのです。

また今は交通の便がいいからといって、気候が全く異なるところでとれる食べ物を食べていますが

身体にいいはずはありません、

縄文時代は歩ける範囲の近い場所でとれるものを食べていますから

理想的な食事をしているわけです。

漆にしてもすで使っており、最近発掘された漆器は修理してまでして使っていることが判明しました。

なんと高度な文明を持っていたのでしょう、素晴らしい文化を形成していたのでしょう

もっともっと研究、勉強して学びたいと思います。