因果について

因果応報という言葉はよく聞くと思います。自分がした事は自分に返ってくるという事ですが

一般的に道徳的な感じで軽く受け流している感覚かもしれませんが、宇宙の法則からみると

間違いなく、過去の行為が今に、今の行為が未来にというように、いつ返ってくるくるかは確定できませんが

原因なくして結果はないのです。

地球は自転して公転しています。自転によって朝 太陽が昇り 夕方沈みます、そして夜になり、また明日の朝が来ます。

公転は春が来て夏、そして秋が来て冬、また春がきます

大きな動きとして常に回転運動をしています。

小さいもので見てみましょう、分子の中で原子核の周りを電子が回転運動しています

太陽の周りを地球がまわっているがごとくです。

そうなんです。大きく見ても、ミクロの世界でも自転しながら公転するという、すべて回転しているのです。

回転というのはスタートしてまた同じ場所に戻ってくるということです。もちろん公転しているので全く同じ場所ではありませんが

とにかく戻ってくるのです。

目に見えない、運命というか未来というか人生も同じ回転運動と考えていいと思います。

今している行動、毎秒毎秒ブーメランを飛ばしているのです。

誰かに親切にした、あるいは誰かを泣かすようなことをした、すべてその行為は消えません、回転運動して自分に降りかかってきます。

戻ってくる時期は特定できませんが、消えはしません。もう忘れたころに戻ってくるので、その時はなぜこんなことが起きるのかと思います。

人生の出来事は複雑なので、すべて単純回転のみでは説明のつかないことも多いと思います。

自分以外に家族、血縁関係、ご先祖、出会った方々、すべての自分の未来に影響あります。

でも中心は自分であります。

いろんな宗教でも道徳でも、自分がしてほしいことを人にしてあげなさいといいます。

そのとおりだと思います、自分がこうしてほしいと思うことを相手にしてあげることが、自分の求める状況になる近道だと思います。